UHA味覚糖

さけるグミ

連続ウェブ小説 『社長はさけるよ』 全12話

さけるだけ人生がある。12カットの物語

各エピソードをクリックしてチェック! そのさけるグミは、何カット目ですか?

「さけるグミ」をこよなく愛し、華麗に割いてきた社長。社長の人生は「さけるグミ」なしでは語れない。
ただのグミではない、「割く」という行為によって広がる世界。
CMだけでは語り切れなかったドラマが、ついに映像化。

人物相関図 人物相関図 さけては結ばれる人間模様・・・ ナイスカットが響く、心とは裏腹に・・・

商品紹介

さけるグミは、好みの大きさにさいて食べることができる新感覚のシートグミ。
友達や家族、社長ともシェアできるピロー7枚入り。

カラフルデコレーション! さけるグミ メロン

商品紹介

茨城県産アールスメロンのピューレを使用した、カラフルなさけるグミメロン!

たこさんの足にそっくり さけるグミ グレープ

商品紹介

からだにやさしい乳酸菌「フェカリス菌」が100億個入り!濃厚なグレープ味。

ナイスカット!マスカット! さけるグミ マスカット

商品紹介

からだにやさしい乳酸菌「フェカリス菌」が100億個入り!濃厚なマスカット味。

社長も満足。「ラズベリー」入り さけるグミ みかん

商品紹介

ラズベリーの入ったさけるグミで果実の食感差をお楽しみいただけます。温州みかん果汁を使用した、ジューシーなみかん味。

あー!苺のつぶつぶ発見! さけるグミ つぶつぶ苺

商品紹介

金箔・銀箔入りで、見た目も華やかなさけるグミをお楽しみいただけます。熊本県産ゆうべに苺ピューレ使用のつぶつぶ苺味。

SNSでもカットしよう!
Twitterでナイスカット! Facebookでナイスカット!

エピソード1

エレベーターの密室の中で繰り広げられる、社長と秘書の2人だけの時間。
「さけるグミ」を見事な手さばきでカットする社長に、秘書はアノ言葉を何度も繰り返す。
心震わせる社長。偶然見てしまった経理の前田と営業の平井。ドラマがここから始まる。

エピソード2

社長と秘書の密室での姿が、脳裏から離れない前田。会議中でも目線はつい社長と秘書に。怪しげなメモを秘書から受け取り、喜ぶ社長を見て思わず叫ぶ。
しかしそれは、痛恨のミスだった。

エピソード3

前田の痛恨のミスから数日。
前田と同期でありライバルでもある平井は、今後の命運をかけエレベーターへ乗り込み、持ち前のテンションで大技に挑んでいた。その姿を前田に見られてしまう。

エピソード4

物語の新たな舞台はキャバクラ。小中学生の間でイカさんが流行る一方で、キャバ嬢の間ではタコさんが流行していた。キャバ嬢が、超レアなストラップを自慢しようと手に取ったその時…。悲鳴が上がる中、キャバクラ店長の藤田が社長に詰め寄る。

エピソード5

キャバクラ店長の藤田は窮地に立っていた。覚悟を決め、店の常連客が食べていた「さけるグミ」をおもむろに取り出す。当然、激怒する彼女。しかし実は、藤田の一世一代の大芝居だった。「さけるグミ」の可能性の片鱗が見えはじめる。

エピソード6

彼女の両親に挨拶にきたキャバクラ店長の藤田が、手土産に選んだのは「さけるグミ」だった。彼女の父親は手慣れた手つきでグミをさきながら、品定めをするようにその理由を問う。認めてもらおうと興奮して説明する藤田に、たった一つの誤算が生じる。

エピソード7

前日の衝撃に、落ち込む社長。一方、痛恨のミスからの逆転ホームランを狙う前田は、ライバル平井を超える大技を畳みかける。しかも社長の心の傷は思ったより深いことに前田は気付かず、その勢いは止まらない。社長の下す決断は――。

エピソード8

前田がボーナスカットを宣言された頃、横領が発覚して犯人探しが始まる。経理であり動機もある前田は、自分が疑われているのではないかと焦り出す。さらに社長に目線でプレッシャーをかけられ、前田は翻弄される。しかしその真意は…。

エピソード9

社長は、出張先で「さけないグミ」を出されて驚く。しかし、予想以上の「さけるグミ」のアウェイな雰囲気に戸惑う社長。グミをさくのもさかないのも自由ではないか――。

エピソード10

「さけるグミ」をめぐる仁義なき戦いは、まだまだ続く。「さけるグミ」の悪口を言われたら、誰が相手でも黙っていられない社長。そこに組長が現れる…。組長の驚きは、果たしてどっちの意味なのか。

エピソード11

キャバクラ店長の藤田は、再び社長の家へ。
社長は、出張先での戦いで「さけるグミ」の新たな可能性に気付いていた。今度こそ藤田は、娘との結婚を認めてもらえるのか…。

エピソード12

社長への度重なる無礼により、前田は最後のときを迎えようとしていた。しかし差し出した辞表を、社長はいつもの手慣れた手つきで…。
そして永遠に歌い継がれる名曲とともに、感動のエンディングへ。